お肌のシミやホクロなど気になりだすと悩んでしまいますよね。しかし、ハイドロキノンを使用することでそれらの悩みは改善されるはずです。まだハイドロキノンをご存知じゃない方は、当サイトをご覧になり参考にしてください。

肌がきれいな女性たち
  • ホーム
  • ハイドロキノンで消えないほくろもある?

ハイドロキノンで消えないほくろもある?

肌がきれいな女性

ハイドロキノンには、紫外線が原因となってできる老人性色素班(日光性色素班)などのシミやそばかす、ホルモンバランスの乱れなどによって、頬の左右対称に褐色のシミとなってあらわれる「肝斑」、火傷やニキビ、傷、強い日焼け、ムダ毛処理の黒ずみなどでできる「色素沈着」など、さまざまなお肌のトラブルを解決してくれる効果があります。
肌に赤みが残るニキビ跡にも効き目があるとしてハイドロキノンは知られていますが、「ほくろ」も消すことができるのでしょうか?
ひとくちに「ほくろ」と言っても、さまざまな種類があります。
まず、ハイドロキノンで効果を得ることができるのは、メラニンが真皮層にまで及んでいない、 表皮性の茶色い「ほくろ」です。
生まれた時からや、思春期以降にあらわれやすい褐色のアザのようなもの「扁平母斑」には、効果があるとされています。
とくに、「扁平母斑」は顔だけでなく、体のさまざまな場所にできやすいため、気にしている女性は多いのではないでしょうか。
これまで、レーザー治療が有効であるとされていましたが、消えるまでには若干時間がかかるものの、ハイドロキノンでも除去することができると言われています。
一方、ハイドロキノンでも消すことができない「ほくろ」とは、 ほくろ細胞が増殖していたり、メラニンが真皮層にまで達しているような「黒いほくろ」です。
このような黒いほくろに関しては大きいなどは関係なく、ハイドロキノンで消すことはできません。
また、生まれつきある黒色のあざや盛り上がったほくろなどに対しても、美白効果を得ることはできません。
それらの治療には、やはり現在のところレーザーで除去してしまう治療が効果的であると言われており、ハイドロキノンは治療後にアフターケアとして使用されるのが望ましいでしょう。
ハイドロキノンはある程度の期間使用を続けるのが大切ですので、出来る限り安く入手したいものですね。通販で購入するとハイドロキノンは病院処方に比べて非常に安く購入出来ます。

最近の投稿
アーカイブ
サイト内検索
人気記事一覧