お肌のシミやホクロなど気になりだすと悩んでしまいますよね。しかし、ハイドロキノンを使用することでそれらの悩みは改善されるはずです。まだハイドロキノンをご存知じゃない方は、当サイトをご覧になり参考にしてください。

肌がきれいな女性たち
  • ホーム
  • ハイドロキノンは妊娠中でも使える?

ハイドロキノンは妊娠中でも使える?

鏡を見ている女性

妊娠中には、ホルモンのバランスが崩れやすくなりますので、妊娠する前よりもシミやそばかすなどができやすくなると言われています。
妊娠前には、ハイドロキノンを用いてこまめにお手入れしていたけど、妊娠中にハイドロキノンを使用すると、お腹の赤ちゃんに影響があるのでしょうか?
ごく当たり前のことですが、お腹のなかにいる赤ちゃんは、お母さんの摂取した栄養を吸収しながら成長していきます。
とはいえ、栄養とそうでないものや、身体に良くないものを選んで吸収することはできません。
ハイドロキノンは、イチゴや麦芽、コーヒーや紅茶などにも存在する天然成分ですから、赤ちゃんに影響するとは考えにくいですが、なかには妊娠中にはコーヒーやアルコールを口にしないという方も多くいらっしゃいます。
化粧品に含まれるハイドロキノンは、通常2%までとされていますが、赤ちゃんが吸収してしまう可能性は十分にあります。
具体的な報告はありませんが、妊娠中の使用は控えるように記載されている化粧品は多くあります。
しかし、最近では「新安定型ハイドロキノン」、「安定型ハイドロキノン」という妊婦さんや授乳中のママでも安心して使用することができるハイドロキノンが発売されています。
これまで、光や酸素に弱く不安定なため副作用が心配されていましたが、さらに研究や開発を重ねて、より安定し安全に使えるように「BCDAC]という物質とハイドロキノンを合成させてできた新型の分子錯体結晶です。
酸化しにくくなり、湿度や熱などにも耐性もあるため、これまでよりもずっと安定して効果を発揮することができます。
そのうえ、お肌への刺激も少ないために、妊婦さんはもちろん、お肌が敏感な方でも安心して使用することができます。